toggle
2019-02-18

似合う襟の形とは?春のトップスの選び方・コーディネート


こんにちは。Personal Branding Stylist 菊池沙央理です。先日、ご自宅にお伺いしてクローゼットを見させていただくワードローブチェックがありました♩その時間の中で、

***********

この洋服、全然着てないんですよね。

買った時はいいと思ったのに、なんかしっくりこなくて

***********

という、お話がありました。ワードローブチェックさせていただくと、よくこういう言葉を耳にするのですが、なぜしっくりこないか見てみると・・・

襟の形がお客様に合っていなかったからでした。そのことをお伝えすると「だからか!」と納得されていました。襟は顔の近くなので形によって顔の印象が大きく変わってきます。

なので、どんな襟の形を選ぶか?も洋服を購入する際に大切になってきます。

これから特に、暖かくなり首回りがあいてる洋服を着る機会が増えるので今日は似合う襟の形の見つけ方をお伝えします。ではどうやって決まるかというと・・・

 

 

似合う襟は

顔の形・輪郭で決まります!

 

大きく顔の形を分けると

・卵型

・面長

・丸顔

・ひし形

・逆三角形

・ベース型

この6つに分けられます。では、それぞれどんな襟が似合うのか?お伝えしますね。

 

【卵型】

卵型の方は基本的になんでも似合います!卵型は理想的な顔の形とされていて全体のパーツのバランスが良いので、基本的にどんな形でも似合います。

顔周りをさらにスッキリした印象にしたいときはデコルテが出やすい襟が開いたトップスがオススメです。

 

【面長】

私は完全に面長です。横より縦の方が長く大人っぽい印象になりやすいのが特徴です。例えば、Vネックのように深くあいているものを選ぶと、肌が見える部分が縦に大きくあきますよね?そうすると、顔の長さをより強調してしまい、より面長な印象になってしまいます。

なので、横幅の広い襟、ボートネックがオススメです。横に肌が見えることで顔の長さとのバランスが取れます。

 

【丸顔】

面長の方とは逆に横幅が広く見えがちです。そのせいか、ほっぺたが大きく見え太って見えてしまう場合があります。そうならないためにも、フェイスラインをスッキリさせるためにスクウェアトップスがオススメです。

襟まわりが四角くなっていることで、丸顔とのバランスが取れてスッキリした印象になりますよ。

【ひし形】

フェイスラインはシャープですが、こめかみ部分が張って見えがちです。なので、張りが目立ちにくくなる襟の形がオススメです。スタンドアウェイなど襟が「少し」立っているものが似合います。

そのことで、顔の張りや大きさを適度にカバーしれくれます。

【逆三角形】

フェイスラインがシャープな一方で、おでこから頭にかけて大きく見えがちです。シャープなフェイスラインに安定感をもたせるために、トップスはハイネックなど首の詰まった形が似合います。

【ベース型】

エラが張っているのが特徴なので、深めのVネックがオススメです。逆に横に広がってしまう、ボートネックなどはさらに顔が横に大きくなってしまうのでオススメしません。

鎖骨あたりが少し見える丸みのある襟だと、気になるフェイスラインをカバーしてくれてシャープな印象になります。

以上、顔別に似合う襟の形をお伝えしました。あなたはどの襟の形が似合うものでしたでしょうか?

ぜひ、手持ちの洋服を着た時もこの襟の形は自分に似合っているのか?と、アンテナを立てて着て見てください。

そして、新しい洋服を購入する際に参考にしてくださいね♩今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

*************

残席2名様!

春の時短ファッション・メイクイベントのご案内。

おしゃれを楽しみたいけど「時間がない」「時間をかけられない」と、感じているあなたはぜひご参加ください。こんなに盛りだくさんなイベントは中々ないですよ\(^o^)/

春は特に色鮮やかなアイテムは増えておしゃれが楽しみやすい時期でもありますよ。あなたのご参加をお待ちしております♩

イベント詳細はこちらをクリック。


関連記事