toggle
2016-01-21

【人に覚えてもらいたい】あなたを印象付けるテーマカラーの決め方とは?


おはようございます。

Personal Branding stylist 菊池沙央理です。

先日やっと念願の
”STAR WARS”を見に行ってきました♡

全部のシリーズを見たわけではないのですがw
とても楽しかったです\(^o^)/

 

ってなわけで、
我が家のこはだに新しいお友達として
R2-D2をプレゼント。

こはだ

かわいい♡笑

BB-8も可愛かったですが、
R2-D2も可愛いですよね♡

 

R2-D2と言えば、
元旦にこんなことがあったんです。

元旦は、
ゆかいな仲間と一緒に
湘南の海沿いを走って過ごしました。

走り終わって着替えた後の
ある友人の姿を見て私は・・・

 

 

『あ、R2-D2だ♡』と言いました。w

 

なぜかというと・・・

 

 

その男性が着ていたセーターが
青・白・グレーを使った
ジャガード柄のセーターを着ていたからです。

 

そのセーターはまさに
私の中ではR2-D2だったのです。w

 

年末にSTAR WARSを見たかったのに
見れなかった私の頭は
STAR WARSでいっぱいだったんでしょう。笑

だからか、
友人のセーターを見て無意識に
『あ、R2-D2だ♡』とテンションが上がって
言ってしまいました。

 

 

あなたも、こんな経験ありませんか?

 

 

◯◯色を見た時に◯◯を思い出すこと。

 

それだけ、色っていうのは
無意識に人の印象に残るということです。

色彩戦略という言葉があるように
多くの企業が戦力的に色を効果的に使って
売り上げを伸ばすことをしています。

 

 

例えば・・・

 

ファミリー◯ート
マクドナル◯
スターバッ◯ス
牛丼の吉野◯

 

この名前を見た時に
色も一緒に思い浮かんだ人も多いのではないでしょうか?

人も同じように、
色を使うことであなたのことを
色とリンクさせることができます。

 

そのことで、
あなたの存在を覚えてもらうことや、
知ってもらうということに大きく結びつくのです。

 

洋服や身につけるものだけでなく
ブログで使う色や名刺の色、
セールスレターの色などを統一することで
あなたに対する印象もできてきます。

 

Blogのヘッダーに赤を使っている人は
力強さや情熱的な印象を持たれます。

 

青を名刺に使っている人は
知的で冷静な印象を持たれます。

 

このように、
”色”はたくさんのところに使われているので
バラバラに色を使うのではなく
統一して使うことをおすすめします。

 

あなたの内面に合った色や、
あなたが伝えたいメッセージに合った色を
洋服以外にも使うことを意識をしてみてくださいね。

 

自分のテーマカラーを決めるのもおすすめです(^^)

 

パーソナルカラー診断では、
似合う色をお伝えするだけだなく
色彩心理の話も交えながらお伝えしています。

 

そんなパーソナルカラー診断を
バージョンアップしました♡

 

色を効果的にビジネスに活かしていきたい人に
ぜひおすすめです。

 

詳細はこちら

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


関連記事