toggle
2019-10-31

パーソナルカラー別冬のマフラー選び!防寒とおしゃれを両立させる


こんにちは、沙央理です♩

月~火と富士山のふもとでキャンプしてきました。

大人・子供含め9人で行ってきたのですが、美味しい料理に昼からお酒と、幸せな時間を過ごしてきました。

自然の中で食べるごはんとお酒は本当に最高ですね。

息子も大自然の中を元気に走り回り、とっても楽しそうでした!

防寒ファッション

10月後半の山中でのキャンプ、すごく寒くなるということでかなり着込んでいきました。

キャンプ中に着膨れのことは一切考えないので、日常ではとても着て歩けないモコモコ状態で過ごしていました。笑

これからの時期はさらに寒くなると着込むことが増えて着膨れしやすい時期に突入しますよね。

そんな時期に相談が多いのが「防寒しているけどおしゃれに見えるファッション」についてです。

ついつい防寒ばかり考えてしまうと、おしゃれさが欠けてしまい、かなーりパッとしない残念な印象になりがちです。

そして「防寒とおしゃれ」を両立させるのが難しいと感じている人も多く、どうしたらいいのかわからないという声もたくさんいただきます。

防寒とおしゃれを両立する方法

「オシャレは我慢だ」という言葉がありますが、我慢して風邪をひいたら大変ですよね?

そんなの本末転倒で、健康は超大事なので我慢する必要はありません。

でも、防寒ばかり意識してしまうと本当にイケテナイファッションになりやすいので・・・

今日は防寒とおしゃれを両立するために最も重要なポイントを1つお伝えします。

他にもポイントはあるのですが、今日お伝えすることを実践するだけで今までとは違った印象で冬を過ごしてもらうことができますよ。

それでは早速行ってみましょう♩

防寒とおしゃれを両立するためにはマフラー選びが大事

防寒とおしゃれを両立するために最も大事なのが、マフラーの色選びです。

首を温めてくれる代表アイテム、マフラーは防寒したい人なら誰もが持っているアイテムですよね?

ただ、これまでの私の経験上、防寒を意識している人が選ぶマフラーは色が地味だったり暗い色を使っている人がとても多く、全体的にパッとしない人がたくさんいます。

マフラーは顔に一番近いアイテムです。

それなのに、暗い色を身につけたら顔の印象も暗くなってしまいとても残念です。

逆に、顔映りに影響があるマフラーの色を変えるだけで、顔色が明るくなり、印象が良くなります

人は顔を見て話をします。だからこそ、顔まわりのオシャレさを意識することで雰囲気をガラリと変えることができますよ。

そのためにあなたの印象を最大限に良くしてくれる、パーソナルカラーを知ってくことをお勧めします。

パーソナルカラーについてはこちらをクリック

コート色別オススメのマフラー色

とはいえ、明るい色を身につければいいというわけではなくて、マフラーと合わせるコートとの相性がとても大事になってきます。

多くの人がコートの色をベーシックカラーで選んでいるので、今日はコートの色別に私のマフラーオススメカラーをお伝えしますね。

黒コート

黒のコートが似合う人はWinterの人です。

黒コートに合うオススメのマフラーの色は

青みが強いピンク

ロイヤルブルー

 

真っ白

Winterはコントラストが得意なタイプなので、黒コートにコントラストがつく色がオススメです。

グレーコート

グレーのコートが似合う人はSuumerの人です。

グレーのコートに合うオススメのマフラーの色は

レモンイエロー

ラベンダー

ライトブルー

Summerは朝靄がかかった避暑地のような白っぽい柔らかく綺麗な色が得意です。

グレーと合わせて上品さを出していきましょう。

キャメルコート(ベージュ)

キャメルのコートが似合う人はSpringの人です。

キャメルに合うオススメのマフラーの色は

オレンジ

コーラルピンク

朱赤

明るく元気な色が得意なのでSpringの人は明るさを意識していきましょう。

ブラウンコート

ブラウンのコートが似合う人はAutumnの人です。

ブラウンに合うオススメのマフラーの色は

カーキ

マスタード

赤茶

落ち着いた印象が似合うAutumunは濃い黄みを意識した色を選んでくださいね。

以上になります。

自分のコートに合う色はわかっていただけましたでしょうか?

マフラーだけでなく、洋服にも合う色なので防寒アイテムを購入する際もぜひ参考にしてください。

今までとは違ったマフラーを選んで、防寒とおしゃれさを両立して冬を楽しんでいきましょうね(^^)/~~~


関連記事