toggle
2015-09-16

外見コンプレックス・オシャレ・女性らしい服装に抵抗がある人へ


こんばんは。

 

Personal Branding Stylist 菊池沙央理です。

 

今日は、私の過去について
お話しさせてもらいます。
良かったらお付き合いください♪
(ちょっとドキドキ。)

 

今の私は、ファッションや
外見を扱う仕事をさせてもらってますが

 

幼少期の頃
自分の外見が大嫌いで
コンプレックスだらけでした。

 

 

幼い頃から身長が高く
髪の毛も短くて
男の子の洋服ばかり着ていたので

 

出先でトイレに行くと
男の子によく間違われて

『ここは女子トイレだよ』と
注意されることがたくさんありました。

 

 

子供ながらに
その言葉がほんとにショックで深く傷つきました。

そのことで、いつしか出先でトイレに行くことを
我慢するようになりました。

 

なので、そんな自分の外見が
大嫌いでコンプレックスの塊でした。

 

 

でも、だからと言って
男の子に間違われないような

女の子らしい服装は
着ることができませんでした。

 

 

なぜなら…

 

 

 

 

幼いながらも、
女の子らしい服装は似合わない。

女の子らしい服装は着れない。
思っていたからです。

 

 

今思うと、
思い込みだったなと思うのですが。

 

 

当時の私にとっては
自分の外見は最大の悩みでした…

 

 

 

 

変わりたい。
けど、変われない。

 

 

 

もしかしたら、
自分は男の子みたいだから

女の子らしい服を着て
変わってはいけないと
思っていたのかもしれません。

 

 

そんな私が、
おしゃれな子がたくさんいる大学生になり

 

 

中高と制服かジャージしか着ていなかったのに
自分で洋服を選んで着るようになりました。

 

 

 

今までは、
男の子に間違われるような洋服や
制服かジャージしか着てこなかったのですが

 

 

おしゃれに
可愛く洋服を着ている女の子を見て

『私も、あんな風に女の子っぽくなりたい』
そんなことを本気で思うようになりました。

 

 

その思いが大きな一歩となり

 

勇気を出して、
ドキドキ緊張しながら
自分でお洋服屋さんに行き

 

今まで着たことなかった
女の子らしい洋服を
緊張しながら試着しました。

鏡に映る今までとは違った自分の姿に
戸惑いながらも

 

 

 

なんだか、ワクワクして
ほんとに楽しい気持ちになったんです♪

 

 

 

一度着ちゃうと
テンションが上がるものでw
(あれ?私イケてる。にやり♡)

 

 

似合うとか関係なしに、
とりあえず着てみたい!!と思う洋服をたくさん着ました。

 

それが、すごーい楽しくて
洋服を着ることの楽しさを
大学生にして初めて知りました。

 

 

そんなこんなで、今の私がいます。
(だいぶはしょりましたが。笑)

 

変わる瞬間は
私が、ドキドキ緊張したように

 

戸惑うし、
人によっては怖さを感じる人もいます。

 

 

 

でも、“こんな自分になりたい”という
目標があるのであれば

洋服や身に付けるものを
変えることがあなたが、
なりたい自分の姿になれる
1番の近道だと私は思っています。

 

 

私自身がそうだったので^^

 

 

 

そして、こんな自分になりたい。

こんな自分でありたい。って

イメージすることがとても大切なんですよね♪

 

 

 

あなたがなりたい姿を想像した時、

あなたはどんなお洋服を身につけているでしょう?

 

 

ぜひ、イメージしてみてくださいね。

 

100日連続Blog、14日目はここまで♪

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございます。


関連記事