toggle
2016-11-19

2016年・2017年テーマカラー!あなたのラッキーカラーは?


こんにちは。

 

Personal Branding Stylist 菊池沙央理です。

 

日本流行色協会から
2016年、2017年を象徴する「色」が発表されました。

 

これは、単に流行した色、流行する色という意味ではなく
その時代のムードを象徴するさまざまな
キーワードから、その年の「テーマカラー」として選出されている色です。

 

では早速本題へ。

 

2016年のテーマカラー

Earth Brown

2016ブラウン_2

 

2016ブラウン_2

出典:JFCA

 

選定の背景

2016年の市場では、

ファッションや商業施設のインテリアなどで、

ブラウン系の色が多くみられた。ブラウンの代表色を

「アースリング(地球人)ブラウン」と名付け、2016年の色に選定。

その選定理由として、以下の3つのキーワードがある。

 

①寛容さ、境界を超える

2016年、海外では他を批判する過激な発言の政治家が話題になり、

国内でも他者の過ちをSNSで執拗に責め立てるなど、

狭量でせちがらい場面が多く見られた。

ブラウンは生きとし生けるものすべてをどっしりと受け止める大地のように

「寛容さ」を表す色でもある。ヒステリックな時代に対する危機感が

穏やかなブラウンへ目をむけさせたのかもしれない。

アースリング(地球人)ブラウンは、

国や人種などの境界を超えた新しい考え方の必要性を示している。



 

②成熟さ

今、あらゆる分野で構造変化が起こっており、

既成概念にとらわれず自分で考えることが重要になっています。

深みのある落ち着いたブラウンは、物事の背景を考え、

倫理感をもって判断する成熟した大人の社会を象徴しています。

 

③生命力

世界中で日本のスポーツ選手が活躍し、そのひたむきな姿が私たちを勇気づ

けてくれた。デジタル化社会が拡大する中で、人間が身体で感じることへの

関心も高まっている。ブラウンは命を育む色でもある。

 

 

 

2017年テーマカラー

Leading Red

2017leadingred

 

2017leadingred

出典:JFCA

 

選定の背景

2016年は、本当に重要なことは何かということに

気付いた人たちによる行動が目立ち始めた年。

今後このような動きはさらに増えて、新しい時代の扉が開かれて行きそう。

2017年の色として選定したリーディングレッドは、

前年のブラウンに比べて、大胆ですっきりとした色、

その名のとおり未来を開く力を秘めた色。

その選定理由として以下3つのキーワードをあげる。

 

①決断、エネルギー


既成概念にとらわれず本質を見極めようとする人たちが、

具体的な活動を始める。

このような動きがやがて大きなエネルギーとなって、

私たちが目指す新しい時代が切り開かれるかもしれない。

リーディングレッドは、決断を促す色、

現状を変えて行こうとする強いエネルギー、リーダーシップを表す色。

 

②人間らしさ

21世紀に入って、ロボティクス、バイオサイエンス等々、

技術革新が急速に進展している。

それらは果たして私たちに本当の幸せをもたらすものなのでしょうか?

ロボット技術の進展は、私たちに改めて

「ヒューマニティ=人間らしさ」を考えさせる機会になっている。

赤は私たちの身体を流れる血の色。

この色は私たちが生命を持った生き物であることを想い出させてくれる。



 

③日本

日本文化への関心が高まり、海外からの観光客が増えている。

国旗の日の丸をはじめ、漆の赤、神社仏閣に見られる赤など、

古来より、赤は日本の文化に根付いた色。

日本のことを「和」と呼ぶように、私たちは「和」を貴ぶ民族でもある。

赤は融和の象徴でもあると言える色。

出典:JFCA


 

以上になります。

 

このように

色には意味や、たくさんの想い、

何かを動かす大きな力が働いています。

 

今回は2016年、2017年の

テーマカラーを紹介しましたが

 

人にも、あなた自身を象徴する

テーマカラーやラッキーカラーがあります!

(言葉を聞いたことありますよね?)

 

あなたにとっての

テーマカラーや、ラッキーカラーを知りたくないですか?

 

 

特に、ラッキーカラーは名前の通り

あなたの運気をアップしてくれる色で知っていると

あなたにとっての良いことがたくさん起きますよ♡

 

 

そして

そのラッキーカラーを

洋服や・身につけるものに取り入れて

あなたが望む嬉しいことを引き起こすことができます。

 

 

そうなれたら嬉しくないですか?

 

 

今回、あなたにとって嬉しいことを

引き起こすためのイベントを開催します。

 

 

詳細はこちら!

ぜひ読んでくださいね♪

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。


関連記事