toggle
2016-09-29

外見が大嫌いだった私が洋服でコンプレックスを克服した方法③


おはようございます。

 

「あなたらしさ」をデザインする
Personal Branding Stylist 菊池沙央理です。

 

月曜日と金曜日が
ブログの更新日です!

 

今日は木曜日ということで番外編!

 

2日続けて番外編というこで
自分の外見が嫌いだった頃からのことを
書かせてもらいました。

 

今日で3日目、
番外編、最後です^^

 

読んでない方は
ぜひ、Part1から読んでください♡

 

Part1

Part 2

 

自分の過去のことを
こうしてブログに書くことは
少しドキドキすることでもあります。

 

でも、私の過去のことを今、書くことで
何か感じてもらえるんではないかな、と
思う出来事があり書くことにしました。

 

今日もあなたが読んでくれてると嬉しいな。

 

 

では、続きを・・・

 

 

洋服の企画デザインの仕事を辞めたあと、
実は心も身体も少しおかしくしてしまい

一ヶ月ほど、
人に会わない日々を過ごしました。

 

724d05c6c4a0a447b4f6784706c991ba-dat

(自分の外見に違和感も感じ髪の毛も30cm切りました。元気ないな。w)

 

出かけるとしても海に行くくらいで、
何時間も海をぼーーーっと眺める毎日。

 

そんなことを繰り返していたら、
少しずつ元気になっていきました。

 

そして

私にできることってなんだろう?

これから、
私は何を仕事にしていこう?

漠然と考えるようになりました。

 

 

その時に出た想いが

 

 

もっと1人の人のそばで

洋服の力を使って

何か変わるお手伝いがしたい!という想い。

 

自分の過去の人生を振り返りながら
どんなことを活かしたいかな?何ができるかな?と

考えた時に真っ先に出てきたのが
アパレル業界での経験でした。

 

私が今できること
今、足りていないことを考えました。

 

アパレル業界での経験はあったので、
洋服への感覚は培われていたし

接客は超、得意だったので
人と話をすることもできる。

 

けど、一対一で
何かを伝えてお金をいただくとなると
今の知識量では足りていないと思ったんです。

 

その足りていない知識というのが
相手に納得してもらうための「理論的」な部分でした。

 

感覚的には、似合う洋服は選べるとけど、
なぜ似合うのかという説明をするための知識が
当時の私には足りていないと感じました。

 

やる!と決めたら
行動に移すのが早いのが取り柄なのでw

 

短期間でたくさんリサーチして

その2週間後には
学校に行き始めていました。笑

 

9b79fc7b52adeb3d1d21513c55db9847-dat

(初めて出会った私に似合う色たち♡)

 

ついこの間までは、
人に会わず海でぼーーーっとする毎日を過ごしていたのに
その行動の早さには、
さすがに自分のことながらビックリ。w

 

そして、学校で
色とスタイリングの勉強を一からして
カラースタイルコンサルタントになりました。

 

が、

 

 

学校で勉強したけど、
勉強したことをどう活かしていこうか
悩むことになりました。

なぜ、悩んだかというと・・・

 

 

私が学んだ
パーソナルカラー、パーソナルスタイルは
その人の外見的な特徴に似合う色・洋服を
提案するものだったからです。

 

 

ということは、
学校に行く前からわかっていたことだったので
私が身につけたかった理論的な部分は
しっかり習得できました。

 

 

なので、目的は果たせたのですが・・・

 

 

私が洋服の力を使って
お伝えしたいことはこのことなのか?という
自分の気持ちの葛藤が生まれていました。

 

 

確かに、似合う色、似合う洋服を知れたら
素直に嬉しいことだし、楽しいこと。

 

それだけで、洋服選びが変わる。

 

そして、外見も大きく変わるなって思ったけど
私は、なんだかしっくりきませんでした。

 

 

もっと伝えたい大切なことがあるのでは?と。

 

 

そんな時に出会ったのが、
NLP(神経言語プログラミング)という
心理学の1つでした。

 

外見と内面は、
別世界のように感じられるかもしれませんが

外見はその人の内面を表すものであり
洋服はその人らしさを表現するものである!
私は思っています。

 

 

その人の外見に似合う洋服も
もちろん提案しますが

 

それ以前に・・・

 

 

自分に自信が持てる

「自分らしさ」に気づいてもらうことが

とても大切なことだと思ったんです。

 

NLPを学んだことで、
その人が気づいていない「自分らしさ」や
「本当になりたい姿」を
内面から引き出す方法を身につけることができました。

 

そして、

「自分らしさ」を洋服で

表現するスタイリング方法を生み出しました。

 

 

外見だけでなく、内面も
それぞれが「本当はこんな自分でいたい!」
「本当はこんな姿でいたい!」という想いを
持っている人がたくさんいると思うんです。

 

 

そんな、「本当はこんな自分でいたい!」
という想いがあれば

 

 

毎日着る洋服、外見を変えることが

その自分になるための

一番の近道でもあると思っています。

 

 

 

おかげで、洋服はおしゃれのためだけに着るのではなく
「自分らしさ」を表現するものだ!という
信念に共感してくださる
素敵なクライアントさんとの出会いの中で
現在、活動をさせていただいています。

 

つい、先日も
買い物同行に一緒に行ったクライアントさんから

 

******************************

まだ言葉にならない・具体的にならない「思い」をくみ取ろうとしてくれる事前コーチングは、お買い物動向の「開幕のベル」のようだった。どんな提案をしてくれるのか、私のオファーを具体的にどんなお洋服で形にしてくれるのか。自分を取り戻していくような、それも外側の表現で。

実際に受けてみて

楽しかった―! ほぉー! へーっ!
の連続。自分では目にも入らないし、ましてや試着はしないお洋服たち。おみそれしました。そうきますか?えーっ、大丈夫?おかしくない?
おや? いける? さおりちゃん、こんなんです・・・。あれ?うなづいてくれてる・・・。きゃー、きたーい、そうそうこんなん好きなん!えーわかっちゃった?! アバウトなイメージで、ここまで見つけてくれるなんて・・・。

感激が感動になって、ついお財布のひもがゆるみました(笑)
でも、もうこの年齢だし、やっぱり素材の良さや確かさは、必要だった。数は欲しいけど、やっぱり資金的には背伸びしちゃったけど、「これが良かった」と着るたびに思うし、お洋服も大事に扱ってる。
お洋服音痴だけど、エレガントな自分でいたいと改めて思えるようになったのも、さおりちゃんが提案してくれたお洋服だからこそだった。靴も!

あの日を思い出すと、ずーっと「にやにやしていた。なりたい・表現したい自分があるから、以前も「あれはあれでよかった」けど、今の私は違っていてもいい。試着室から出るたびに、さおりちゃんの「うんうん」があって、嬉しくて、思い出すと今でも泣けちゃう。嬉しかったなぁ。

*******************************

こんなに嬉しい感想をいただきました。涙

 

涙が出るほど、嬉しいメッセージでした。

 

自分の外見が嫌いだった私が、
「自分らしさ」を外見で表現する
Personal Branding Stylist として活動している。

 

 

自分のことですが、すごいことですよね?♡
(↑自画自賛。笑)
書いていて、嬉しい気持ちになりました。

 

 

この3日間、色々な人の顔や
出来事を思い出しながら書かせていただき
改めて、この活動を必要としている人に
さらに届けていきたいな、という気持ちにもなりました。

 

 

大げさかもしれませんが、
自分に自信が持てる
「自分らしい姿」で生きる人が増えたら
この世は、もっと素敵なものになるんじゃないかなと
密かに想いながら活動をしています。

 

これからも、私は、洋服の力を使いながら
私の方法で「自分らしい姿」で生きる人を
増やし続けていきたいと思います。

 

 

応援してくれたら、嬉しいです♡

 

 

77882184f2aa619ccf2a81895e74fdcf-dat

142f05c0c3202ea1f71da6c45aab3ff5-dat

original

4af8cd2648226f722a5011d052b830ab-dat

 

 

 

 

 

 

そんな私の想いがたくさん詰まったイベントを
10/30日に開催します。

 

 

やっと秋らしくなってきましたが
あっという間に冬がやってきますよ\(^o^)/

 

冬の洋服は
一年の中でも単価が高くなります。

 

だからこそ、
洋服選びを失敗したくないですよね?

 

冬の洋服を
新しく購入しようと考えている人には
特に参加して欲しいイベントです。

 

ぜひ読んでみてください^^

 

4名さま限定イベントなので

お申し込みはお早めに♪

 

イベント詳細はこちら。

 

 

3日間、長文を読んでいただき
ありがとうございました。

 

あなたに読んでもらえて良かったです!

 


関連記事