toggle
2016-01-17

洋服のサイズ・フィット感!サイズはそれで本当に大丈夫?


おはようございます。

Personal Branding Stylist 菊池沙央理です。

2016年もはじまり、
あっという間に半まで来ましたね。

 

お正月の楽しい思い出が心に残ったように
多くの人たちがお腹周りにも、
いろんなものが残ってしまったんではないでしょうか?笑

 

座って前傾した時に、
パンツやスカートのウエスト周りに
ボヨンと、お肉が乗っているのがわかると
なんとも残念な気持ちになりますよね。

 

共感できる人はかなりいるのでは?w

 

私も、お正月の楽しい思い出と共に
バッチリお腹周りに残ってしまいました♡

 

だって、食べてゴロゴロするの最高なんだもん\(^o^)/w
(少しづつ、戻しているところです♪w)

 

お正月は、
1年の中で1番気が抜ける時期でもあり、
ある意味だらける時期でもある人が多いのでは?

 

普段、頑張って仕事しているご褒美として
おおいにダラダラ、ゴロゴロして欲しいのですが♡

 

身体のサイズが大きくなると共に、
洋服のサイズも当たり前ですが大きくなりますよね?

 

『サイズ感を制する人はおしゃれを制する』という
言葉もあるくらい

 

洋服を着る上で、
洋服のサイズ感ってめちゃくちゃ大切なんです。

 

なぜかというと・・・

 

着るサイズによって
洋服の印象が大きく変わってしまうからです。

どんなに素敵なお洋服でも、
あなたに合ったサイズ感で着なければ
洋服の魅力はもちろん
あなたの魅力も半減してしまいます。

 

なので、
『私はこのサイズだから大丈夫』』と思い込んで
試着をせずに購入してしまう人はかなり危険です。w

 

自分の体型に対して、
思い込みをしてしまっている人が多いなと
クライアントさんを通して感じるのですが

 

 

『自分の体型を知る』ということは
とても大切なことなんです。

 

 

人によって体型が違うのはもちろん、
あなたの体型に合った洋服の着こなし方を
知っておくことが必要になってきます。

あなたが、人に対して与えたいと思っている印象も
着る洋服のサイズ感で大きく変わってきますのでね♪

 

ぜひ、”自分の体型を知る”ということをして
あなたの体型に合った洋服の着こなし方
洋服選びをしてください\(^o^)/

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


関連記事