toggle
2015-09-13

色・カラー!流行色はどう決まる?トレンド・トレンドカラーの決まり方


こんばんは。

 

Personal Branding Stylist 菊池沙央理です。

 

もうすっかり
夏も終わり秋ですね。
(夏が終わってさみしい・・・)

 

ハロウィンシーズン突入です♡

店頭では、コートやダウンも並び始め
試着される方も多く見るようになりました^^

 

本当はもっと早くに
お伝えしたかったのですが

 

 

今日から、
2015Autumnトレンドカラーをお伝えします。

そもそも、トレンドカラーや
トレンドファッションって
どうやって決められているか知ってますか?

 

 

実は、約2年前からトレンドは
ファッション業界によって
意図的に仕掛けられているんです!

 

 

その流れは・・・

 

 

 

 

まず初めにトレンドカラーを決めます。

これが洋服が店頭に並ぶ約2年前。

そして、
インターカラー(国際流行色委員会)が
トレンドカラーを作ります。

 

 

トレンドカラーを
『選定色』という言い方をします。

日本、フランス、スイス、ドイツ
フィンランド、ポルトガル、韓国、イタリア、
タイ、イギリス、トルコ、中国、スペインが
インターカラーに加盟しています。

 

そして次の流れが…

 

 

 

 

ファッションの
トレンドの方向性を決定します。

 

これが約1年6ヶ月前。

 

トレンドの情報会社によって
トレンドの方向性を決めていきます。

インターカラーの選定色を受けて、
欧米各国のトレンド情報会社が

カラーの他にも素材や、
シルエットなどトータルでトレンドを予測して
情報発信を行います。

 

そして約1年前に洋服を作る際に使う
生地作りを行い展示会でお披露目されます。

 

そしてそして
やっとデザイナーお仕事。

 

 

これらの一連の
アパレル業界が仕掛けたトレンドを基に

洋服が作られコレクションで発表になります。

 

 

だいぶ長い道のりでしたが、
トレンドが出来るまでの流れを
わかってもらえたでしょうか?

 

 

今日、
2015 Autumnのトレンドカラーを
お伝えしようと思いましたが

 

 

ちょっと長くなってしまったので
明日にします。笑

 

 

おたのしみに!

 

 

100日連続Blog、11日目はここまで♪

 

今日も読んでいただきありがとうございます♡


関連記事