toggle
2015-10-27

マイ・インターン!ロバートデニーロに学ぶ自分らしい姿で生きる方法


こんばんは。

 

Personal Branding Stylist 菊池沙央理です。

 

映画が好きで、
気になる作品があると
映画館によく見にいくのですが

先日、
ロバートデニーロと
アンハサウェイが出演している
『マイ・インターン』を見てきました^^

 

今の私にぴったりな
ゆったりとして見やすい
とても良い映画でしたよ♡

 

 
ほっこり暖かい気持ちにもなりました!
ぐっとこみ上げてくるシーンもあり
後ろに座っていた女の子はびっくりするほど大号泣でした!
(私は、泣きませんでしたが。w)

 

話の流れは・・・

 

 

シュールズ(アンハサウェイ)は
アパレル通販会社のCEOをしているのですが

ある日、別の人をCEOとして
会社に招いた方が業績もあがるのではないかと提案され
落ち込んでしまいます。

 

 

 

そんな時に、シニアインターンとして
70歳のベン(ロバートデニーロ)が
シュールズと一緒に働いて

色んな大切なことに
気づいていくという映画です。

 

 

 

 

 

 

 

かなーーーーり
ザックリでしたが♡
そんな感じの映画でした。w

 

ベンはインターン行く前に
一つの会社に40年も務め、
毎日スーツで出勤していました。

 

 

なので、シュールズの会社にも
とても素敵なスーツを見にまとい
出勤していました。

 

そんな、姿のベンに対してこんなやりとりが…
シュールズがベンに…
『カジュアルなリラックスした服装で会社に来ていいのよ』と

 

 

アパレルという職種もあり
リラックスできる
カジュアルな服装で出勤していいという
会社の方針がありました。

 

その言葉を言われた後、
ベンはシュールずにこう言いました♪

 

 

『この格好が僕にとってはリラックスできる服装なんだ』と。

 

 

とても微笑ましいシーンだったのですが♡

 

他の人から見たら、ベンの格好は紳士的でかっこいいけど

 

 

スーツという点から、
リラックスできる服装ではないなと
思う人が多いと思うんです。

 

でも、映画に出てきたベンにとっては
スーツを身にまとっている自分こそが
自分らしい姿だし、
リラックスして仕事できる服装だったんです。
なんせ、40年もその姿で毎日仕事をしていたのでね\(^o^)/

 

 

ベンのようにそんな姿があったらいいと
あなたは思いませんか?

 

 

人それぞれ自分らしい姿や
リラックスできる姿は様々です。

 

 

 

洋服じゃなくても、
これを身近に置いておけば
リラックスできるとか

 

 

 

自分らしくいられるなど・・・

 

 

あなたもそんなアイテムを発見してみてくださいね!

 

 

100日連続blog、52日目はここまで♪

 

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございます♡


関連記事