toggle
2015-08-11

SNS普及の時代!起業家のプロフィール写真・撮影の重要性


こんばんは。

 

Personal Branding Stylist 菊池沙央理です。

 

100日Blogを始めて
今日で5日目です♪

(5日続いた♡やったやった。w)

 

 

脱、3日坊主!w

コメントをくださったり、
いいねを押してくださったり

 

他の方にこのBlogを
紹介してくださる方もいて本当に嬉しいです。

 

私にお願いしようか悩んでいた方からは

“Blogを呼んで背中を押してもらい受けることに決めました”
と連絡いただきました。涙

 

 

反応があってほんとに良かった!一安心。w

 

 

あと95日連続で続きますのでw
その中で質問などあれば、
facebookで直接
メッセージをいただいても大丈夫です。

 

 

トップページの
facebookをクリックしてもらうと
私のページに飛ぶようになっています♪

 

 

現在、私の活動において
Blogを始め、イベントの告知など
facebookですること多いのですが

 

 

facebookなどのSNSのおかげで
相手に会う前に

その人の写真を見ることもできて
その人が感じている日々の感覚や出来事を知れますよね。

 

なので、
お会いするのは初めてなのに
facebookで相手と繋がっているので

あれ?前から知り合いのような
はじめましてじゃない感覚になることがあります。

 

 

そのことで、
相手があなたと会うことに対しての
安心感も与えてあげられます。

 

 

facebookではもちろん、
個人でBlogをされていたりHPを持たれている方は

ほぼ必ずプロフィールを掲載していると思います。

 

 

先日、クライアントさんの
プロフィール写真の
ディレクションをさせてもらいその撮影があったのですが…

 

 

プロフィール撮影のメニューは
撮影日の約2ヶ月前から

 

 

1枚のプロフィール写真を
撮るための準備をクライアントさんとしていきます。

 

 

前回の記事で
私はこんな人です!と
ブランディングすることが

 

大切ですとお伝えしましたが…

 

 

 

プロフィール写真は、
お店屋さんでいうと
看板と同じ役割だと思ってます。

 

 

看板がへんてこりんだったら
え?ここ大丈夫?って不安になり
お店の中には入らないですよね?

 

 

 

なんか素敵だなーとか
この店なんだろー?って興味がわくから
お店の中に入って商品を見てくれるのです。

 

 

 

なので…

 

 

プロフィール写真こそ私はこんな人です!と

 

 

 

写真1枚でわかるように
ブランディングした
あなたを映し出す必要があります。

 

 

 

そのことで魅力を感じてもらい
あなたに会いたい!と思ってもらえるのです。

 

 

 

私のクライアントさんの中には
『さおりさんの写真を見てこの人にお願いする!』って

 

 

 

申し込んできてくださった方もいます。

それだけ、
プロフィール写真の影響は大きいのです。

 

 

プロフィール写真を選ぶ際に

 

 

気をつけてもらいたいことが1つあります。

 

 

 

 

それは…

 

 

 

写真のあなたと
実物のあなたが違いすぎること。

 

 

 

こういう人に
何人も会ったんです…

 

 

 

あれ?写真と全然違くない?って。笑
ビックリした経験が…

 

 

 

偽っている訳ではないはずですが、
プロフィール写真を見た相手は

 

 

 

会う前から写真を見て
あなたに対する印象を決めて
あなたに会うか会わないかを

 

 

 

無意識に決める場合があるので
気をつけてくださいね!

 

 

 

もちろん、
今後ありたい姿を明確にして

写真に残すことで、その姿になるまでの
スピードは間違いなく加速されます。

 

 

 

ただ、別人になってしまったら
あなたではなくなってしまうので要注意ですよ。

 

あなたのプロフィール写真は
私はこんな人です!と
あなたらしさが表現できていますか?

 


関連記事