toggle
2017-12-11

似合う洋服と好きな洋服が違う時はどちらを選ぶべき?


こんにちは。
Personal Branding Stylist 菊池沙央理です。
@福岡

先週は、湘南蔦屋書店さんでセミナーを開催させてもらいました♡
かれこれスルガ銀行さん主催で20回近く開催せていただいています。



いつもありがとうございます♡





セミナー中、参加者さんから・・・

好きなファッションと似合うファッションって違う場合があると思うんですがどちらを選んだらいいですか?

と、質問がありました。



確かに、どっちを選んだらいいか迷いますよね。



今回のような質問をされることがよくあるので、今日はその質問に対しての回答をブログに書きますね。



あなたは好きな洋服と似合う洋服が違ったらどうするでしょうか?

これまでアパレル業界での仕事を含めるとかなりの人数の方にコーディネート提案を行ってきましたが(1万人は超えています。)
その中には、似合うファッションと好きなファッションが違う人もたくさんいました。














似合うファッションの決まり方は、あなたの見た目で全て決まってきます。

なので、極端な言い方をするとあなたの好きな洋服の系統や、あなたがどんな性格かは全く関係なく、見た目”だけ”から似合う洋服が決まります。(パーソナルカラーや骨格診断をもとに)
その、似合う洋服を身につけることで一瞬であなたの「見た目の魅力」が最大限に引き出され素敵な姿に変身することができます。



似合う洋服を知っておくことで、見た目が良くなることはもちろん、洋服選びの基準にもなるので買い物もしやすくなります。似合う洋服は誰もが知っておくと良いと思っています。




ただ、その一方で感じるのは・・・




パーソナルスタイリストさんやイメージコンサルタントさんに似合う洋服をアドバイスされたことで、縛られすぎてしまっている人がいるということ。
「私はSpringって言われたから、Springしか着ないの!」みたいな感じで。そのことで人によっては代わり映えの無い、いつも同じような見た目でいるなーと印象を持つこともあります。


もちろん、似合う洋服を身につけることは魅力的な外見でいられるので、素敵なことです。望んでその姿を選んでいるのであればいいのですが、縛られすぎてしまい、本来の自分のありたい姿を見失ってしまうのはもったい無いなと私は思っています。






似合う洋服を身につけることも大切ですが、何より大切なのは自分が洋服を身につけてどうありたいのか?どう自分を表現したのか?自分の好きは何か?に気づくことだと思っています。

なので、似合う洋服と好きな洋服が違ったときは、私は好きな洋服を選んだらいい!とお伝えしています。(そうじゃない場合が良い時もありますが♪)





私自身、洋服の企画デザインの仕事を辞めて独立する時、学校に通い、1からスタイリングの勉強をしましたが、その際に、自分が好きな洋服が自分には似合わない洋服だと言われたことがありました。笑
たくさん洋服を持っていたし、何よりも好きだったのでショックでした( ;  ; )

勉強することで、自分に似合う洋服がわかったのですが、言い方を変えれば洋服の選択肢が狭まってしまい、好きで着ていた洋服が着られなくなってしまった時期がありました。その時は、楽しいと感じていたファッションがつまらなってしまいました。






そんな自分の経験もあり、似合う洋服を身につけることよりも、好きなファッションを身につけて「楽しい」「嬉しい」と感じていた方がその人らしく輝ける!と感じています。

ただ何度も言いますが、似合う洋服を知っておくことも大切なので、似合う洋服を知った上で自分はどうありたいのか?自分の好きってなんだろう?と考えて洋服選びをして欲しいです♪




そんな、自分の似合う洋服も知れて、自分のありたい姿、あなたらしい外見に気づけるイベントを1月27日に開催しますので、ぜひ自分に似合う洋服・自分らしいファッションが知りたい方はご参加くださいね。

ありがたいことに、1月8日開催のイベントが一瞬で2回分満席になりましたので、別の日に開催することにしました。




詳細はこちらから御覧ください。




今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!




関連記事